忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ベランダで朝食のトーストを食べながら朝日を眺めていたら、足元にパンティーが落ちているのに気づいた。
紫のレースのパンティーだった。
どこかの家から飛んできたのだろうか。
つまみあげて鼻に近づけると、ほんのりと洗剤のかおりがした。

きっと干していたところ飛んでしまったのだ、持ち主は困っているだろうと
俺はマンションの掲示板に伝言を載せることにした。

「紫のレースあずかっています、三号棟鈴木 電話番号は****-****-*****」

連絡がきたのは、それから3日後だった。

「あの、紫の件でお電話したのですが・・・」
春先のカッコウのような澄んだ声の女性だった。
「お待ちしてました。」
女性は言う
「紫のレースの・・・・パンティーですか??」

その恥じらいに満ちた声がたまらなかった。早く返してあげないと
「そうです、お届けしますよ、どちらにおられますか。」
「もう、3号棟の前にいます。取りにいこうと思いまして・・・」
彼女は3分後に我が家の玄関へとやってきた。
アナグマのようなかわいい子だった。

「あ、これです、私のです。」
彼女はパンティーを手にしていった。
「よかった、持ち主が見つかって。」
そうしたら彼女がこう言ったのだ

「もしかして、これ、はいたりしませんでした?」

俺はびっくりした。
そう、この3日間、このパンティーの匂いをかいだり、はいたり、かぶったりして性的に興奮していたからだ。

「すいません、つい・・・・でも、ちゃんと洗ったんですが・・・。」

どうしてわかったのだろうか。

「もう一度はいてもらえますか、ここで」
俺はハッとした
「え、どうして」
「あなたのにおいがほしいわ。」

俺は躊躇した、なぜなら既に俺の下半身はドクドクと脈打っていたからだ
「それは・・・・」
俺が返事をする前に、あっという間に俺は彼女に押し倒され、ズボンをはぎとられた。
「アーッ」
思わず俺が声をあげてしまった。いきり立った下半身が彼女の目の前に。
彼女はそして俺のブリーフを脱がすと、自分の紫のパンティーをあてがった。
ああ、これは昨夜も味わった快感だ。彼女はパンティーで俺のあそこを優しく刺激しはじめた。
「アアッ」
「ここに出していいのよ、もっと気持ちよくなってね」
「アアッ」

彼女の絶妙な刺激で、俺はあっという間に達してしまった。

「ハアァ、ハアァ、ありがとう・・・」
「これであなたの匂いがついたわ」
彼女はそして、また、笑っていった。
「今度は私を、気持ちよくさせてェェ!!」

彼女はあっという間に全裸になり、俺たちはベッドへと飛び込んでいった。

それから、ことあるごとに、俺の家のベランダにパンティーが落ちていて、そして
彼女と俺は、多くのパンティーに匂いをつけ、夜の秘め事を行ったのだった。

PR


今日のランチは二課のみんなでバイキング、の予定だったが、みんな午後の緊急プレゼン準備で忙しくて外出できなくなってしまった。
ほとんど話したことのない宮田さんとボクの二人でバイキングに行く羽目になっちゃった。
宮田さんは、シマリスみたいにクリっとしたかわいい女の子だ。
なのに、とても頭が切れるから仕事では大活躍!
こんな素敵な宮田さんと二人っきりでバイキングだなんて、ボクの胸は躍った。

ボクたちは、それぞれ好きな食べ物をたくさん持ってきて、壁際の席で食べはじめた。
宮田さんの「いただきます」がかわいらしかったなぁ!

宮田さんはよく笑う人で、ボクたちの会話もはずんだのだった。
しばらくたって、ボクがマヨネーズのついたから揚げを食べようとしたときだった。
ボトっとマヨネーズがボクのワイシャツに落ちてしまった。

「あっ、大変!」

そこで宮田さんは驚くべき行動に出た。僕の胸についたマヨネーズの塊を、ぺろりと直接なめたのだった。
「エッ!!」
ちょうどボクの感じやすい部分でもあったため、ドキっとしたよ!!
ボクはびっくりして宮田さんを見つめた。

「マヨネーズ、好きなんです。」
宮田さんはニコっとして言った。かわいい!!!

その後もボクたちの会話ははずみ、そしてまたボクはマヨネーズをズボンにこぼしてしまった。
「あっ、大変!!」
今度は宮田さんは、ボクの太股にしゃぶりついてきてマヨネーズを吸ったのだった。
「ハッ!」
胸に続いて太股にしゃぶりつくなんて!思わずボクのあそこが、ムクムクとエレクトしてしまったよ!!!
「マヨネーズ、おいしいわ。」
宮田さんは、そう言ったけど、ボクのあそこをじっと見ていた。バレちゃったかな?
「私・・・・男の人のマヨネーズも・・・・好きなんです・・・・。」
宮田さんは、目を伏せてそう言って、また笑った。
「ボクのでよかったら・・・。」

その日の午後、みんながプレゼンで出かけてしまってガランとした二課の部屋で
ボクは宮田さんに、今度はあそこを、しゃぶってもらった。
もちろん、マヨネーズをたっぷりとつけて。

「宮田さん、出ちゃうヨッ」
「口のなかに、出してェエェ!!」

プレゼンは夕方まで終わらない、ボクは、何度も何度も宮田さんに飲んでもらっちゃった。

それ以来、ボクのデスクの引き出しの奥には、宮田さんのためにマヨネーズをいつも置いてあるんだ。



沙織が婚約者の浩二の実家に宿泊するのは2回目だった。
浩二の両親はとても優しく、おいしい食事を振舞った。とても楽しい食卓だった。
すっかり酔ってしまった浩二が先に寝てしまったせいで目が冴えてしまい、何か冷たいものでも飲もうと
台所に行ってバナナジュースでも貰ってこようかと、沙織は部屋をそっと出た。

階下へと忍び足で降りていくと、半分くらい降りたときに、どこかから激しい呼吸をする音が聞こえてきた。
「誰かしら?」
沙織は不思議に思いながらも、1階へと降り立った。

どことなく淫らな、その熱い吐息は、浩二の弟の太郎の部屋から漏れてきていた。
高校3年生の太郎は、部屋でオナニーにふけっていたのだった。
少し開いた扉に吸い寄せられるように沙織は近づいていった。

「ハアッ ハッ」

いきりたった部分を丁寧に操るその指を、扉の隙間から沙織は食い入るように見つめた。
浩二のそれよりも何周りか大きな太郎のそれは、ねとねととあやしく光っていた。

「ハアッ・・・沙織さん・・・ハッ」

浩二が、突然、つぶやいたのを沙織は聞き逃さなかった。
「私の名前かしら?」
沙織はドキっとした。

「ハアッ・・・兄貴のもこうやって・・・沙織さん・・」

やがて姉になる佐織に恋心を抱いた太郎は、沙織を想像しながらふけっていたのだった。
沙織は、胸がキュンとなって、思わず部屋へと入っていった。

「太郎くん・・・」
「アアッ」
太郎は突然のことにびっくりして、股の間を隠すのを忘れてしまった。

「いいのよ、そのまま続けてちょうだい」
「でも・・・・」
太郎は一瞬ひるんだ。
「私を想像していやらしいこと考えていたんでしょう!!」
突然沙織は服を脱ぎ始めた。
「想像でなんて、悲しいでしょう、本物をみてちょうだい!!!」
沙織はすべての服を脱ぎ、太郎の前に仁王立ちになった。

初めて見る沙織の裸に、太郎の興奮はおさまらなかった。
何度も想像した、沙織のFカップの胸が目の前にあるなんて。
そして、沙織もまた、若くて肌のツルツルな太郎の、太く長くいきりたったそれに魅了されていたのだった。

「僕、初めてなんです」
「大丈夫よ、教えてあげるわ!!!」

太郎は、沙織の胸にそっと触れた。
「ちょっと待って太郎君、ドアは閉めてこなくっちゃ。」

規則正しい生活のご両親も、酔って寝てしまった浩二も、降りてこないとは思うけれど、
念には念をいれなくっちゃね。
そして、太郎の、初めてのセックスを、可憐にリードした沙織は
その後も浩二の実家を訪れるたびに太郎とたっぷり楽しんだのだった。

 



「パンダ印のハチミツ」の訪問販売がよくこの地域にやってくる。
近所の田辺さんも愛用しているとか。
このごろ出会う奥さん、みんな愛用してるって言っている。
うちにも来ないかしら。

幸子はそんなことを思いながら洗濯物を干していた。
そのとき、玄関のチャイムが鳴った。

「はい」
「あの、パンダ印のハチミツ会社のものですが」
「あらっ」

幸子はあわてて玄関へと走っていった。
どんなハチミツなのか、確かめなくっちゃ!!

そこにハチミツを抱えて立っていたのは、ジャンガリアン・ハムスターのようなかわいらしい顔だちのサラリーマンだった。
「どうも、はじめまして、このご近所回らせていただいてます」
「みんな奥さんたち買ってるっていうから、楽しみにしていたのよ、どうぞお入りなさいな」
セールスマンは名前を加藤というそうだ。
「こだわりの製法で、とてもおいしいハチミツです。なめてみますか」
「そうね、なめてみたいわ」
加藤が指につけたハチミツを、ドキドキしながら幸子はぺろりとなめた。
いくらセールスとはいえ、自分の指をなめさせるなんて!!
「なんだかおいしいわ」
「肌にもいいんです。お肌に塗るとスベスベになりますよ」
「あら、本当かしら」
「そうなんです、僕も毎日塗ってるんです。」
そういうと、加藤はパンツを脱いで、尻を差し出した。
「ここに、毎日塗っているんですよ」
幸子の目の前に、加藤の、尻。
あまりに真っ白で素敵な尻だったので、幸子はおもわず頬擦りをした。
「まあ、スベスベだわ!!!」
「塗ってみますか、専用のヘラがあるんです。」
四つんばいになった加藤の、足の間からみえるそれがとても大きく脈打っていたのを、幸子は見逃さなかった。
「こっちにも塗りたいわ!」
そういって、幸子は、専用ヘラで加藤の大事な部分に触れた。
「アッ、奥さん」
そして、ハチミツをたっぷりつけた大事な部分を、そっとなめた。
「おいしいわ!」
「ええ、天然成分たっぷりです」
「私にも塗ってちょうだい!!」
幸子は、いつのまにか裸になっていた。
そして、加藤の前で股を開いたのだった。

そうして二人は、日が暮れるまでお互いの体のあちこちにハチミツを塗りあい、舐めあったのだった。

「あぁ、これがパンタ印のハチミツの秘密だったのね!!!」

もちろん、幸子が早速ハチミツを20キロ購入したのは、言うまでもない。




商店街で八百屋を営む晋平は、よく働いた。
独自ルートで仕入れた無農薬野菜を軸に、安心で新鮮な品揃えがセレブたちをひきつけたのだった。

ある日、近所に住む主婦、美樹がやってきた。
「あの・・・・すいません・・・・」
美樹はどことなく遠慮がちに晋平に話しかけた
「はい、なんでしょう」
「あの・・・・ここのお野菜は・・・・使っても大丈夫ですか・・・・」
「?」
「あの・・・その・・・あそこに・・・・入れてみたいんです・・・」
そういうと、美樹はその場で失神してしまった。

気づいたときはベッドの上にいた。
店舗の二回にある晋平の部屋だった。
「大丈夫ですか?」
「あらやだ、私ったら・・・・。」

やがて美樹は話しはじめた。
夫が不倫していて夜の生活が潤っていないこと、そのために野菜を使って自慰にふけろうと考えていたこと。
しかし、あまりに恥ずかしくて緊張のあまり気を失ってしまったのだった。
「恥ずかしいでしょう、笑ってちょうだいな。」
「美樹さん・・・・僕じゃだめですか!!」
そういって晋平は前掛けをはずし、ズボンを脱いだ。
「野菜も自信あるけれど、こっちも自信があるんです!!」
そこには、トランクスの割れ目を突き破って、固く長く太くなった晋平のシンボルがあった。
「キャッ、すごいわ」
美樹はおもわず、晋平のシンボルにしゃぶりついてしまった。
「野菜もおいしいけれど、こっちも、おいしいわ!!!」
「なんて太くて大きいのかしら、最高よ!!」
二人は日がくれるまで、なんども絶頂を迎えたのだった。

晋平の精力は話題をよび、美樹に続けとばかりに、満たされぬ思いを抱えていた近所の主婦たちが、夜な夜な晋平の家に押しかけ、そちらも商売繁盛となった。

今では、ニューヨークに晋平のビルがある。晋平は世界でも有名な健康食品会社の社長としてビジネスに忙しい。そして、最上階にある晋平の部屋には、やはり、夜な夜な近所の主婦が列を作っているのだ。



ゴルフのコーチをやりはじめて10日目、とても綺麗な若い女性がやってきた。
まだ初心者だと恥ずかしそうにやってきた。
縁日のヒヨコみたいにクリっとした子だ。僕は一瞬で恋に落ちてしまった。

指導のとき、体を密着させるたびにドキドキ高鳴ってしまう。
彼女のお尻の感触を味わってしまうと、もうその日は一日幻影にとらわれてしまうのだ。

4回目のレッスンのあと、ラウンジでメロン・ソーダを飲んでいたら
彼女がやってきた。
シャワーをあびてきたようで、シャンプーの桃の香りに包まれていた。

「先生、わたし、もっともっとうまくなりたいんです。」

彼女はとてもセンスがいい、僕も教えてあげたいな。
「延長レッスンをやろうかい?」
そのとき、彼女の目からコンタクト・レンズが落ちてしまった。

「キャッ。先生、探してくださる?」

僕らは四つんばいになってコンタクト・レンズをさがした。なかなかみつからない。

「あ、あった、先生!・・・・キャッ!」
ちょうど発見した彼女が僕のすぐ後ろにいたのだが、つまづいて転んでしまった。
彼女のふくよかな胸が、ちょうど僕のお尻にギュっと刺さってきた。
「ヤァン」
僕は、あまりの気持ちよさに、あられもない声をあげてしまった。

「やだ、先生、カワイイわっ」
彼女はペロっと舌を出して、僕のお尻を再びおっぱいでちょんと触ったのだった。
「ヒヒッ!もう一回!!」
僕は、されるがままになって、お尻を突き出して、おかわりを催促してしまった。

これが、僕たちの、恋の始まりでした。

それから10年、彼女が全米オープンで優勝した記念すべき夜、やっぱり、彼女はおっぱいで僕のお尻を突いたのでした。



駅の西口にある亀十寿司に直子はよく通った。
先代の主人が亡くなってから3年、長男が継いだこの店は、とても繁盛していたのだった。
長男の名は哲也、今年で36歳になる。

直子はいつもどおりカウンターに座り、カンパチを注文した。
直子は、寿司の味はもちろん、哲也の手に魅了されていたのだった。

ああ、哲也の指にやさしくもてあそばれた、ご飯が・・・・
繊細な指でつかまれたお寿司たち。

いつのまにか、直子は、哲也の指を見ながら、その指が自分の乳房をもてあそぶことを想像するのだった。
そしてぬらぬらと光った指先が、乳頭を撫でるのだ。

「お客さん、大丈夫ですか??」

「ハッ」
気づいたらもう深夜2時、いつの間にか直子は寝てしまっていたのだった。
「私ったら、酔っ払ってしまって、つい・・・・。」
「いいんですよ、毎週ありがとうございます。」
直子の肩からずり落ちたカーディガンをかけなおそうとした哲也の手が、直子の肩に触れた
「キャッ」
直子はドキっとして真っ赤な顔になってしまった。
「あ、すいません。」
さわやかな哲也の笑顔、キラリと白い歯が光った。

「哲也さん!!」
思わず直子は哲也に飛びついた。
「どうしたんですか」
「私・・・あなたの・・・・あなたの・・・・」
あなたの指で全身を撫で回されたい、なんて、言えるわけがなかった。

「あなたの弟子になりたいわ!!!」

「お客さん・・・・」
哲也は興奮し、直子の太ももをギュっとつかんだ。
「俺は、寿司以外のことを何もしらない、弟子になるかわりに教えてはくれないだろうか・・・。」
直子はうなずき、哲也の手を自分のブラジャーの中へと導いたのだった。

それから、毎日、朝から深夜遅くまで、直子の寿司修行が始まった。
寿司修行のあとは、哲也とふたりの甘く激しい行為が何時間も続いた。

そうして築き上げた二人の店が繁盛し、いつしか全国へと展開することになった。
やがて、世界のあちこちにまで広がりをみせた。

それから10年後、「マクドナルド」といえば「ハンバーガー」のことだと通じるように
今では「ナオコ」といえば世界のあちこちで「寿司」そのものをさす世界の言葉となった。

「夢は、誰でも、かなうんです、愛があれば。」
昨夜、ロンドンで行われた直子の講演会は、大盛況に終わった。



まったくもう、今日もエレベーターが朝から満員でこまっちゃう。
こんなに大きなビルディングなんだからもっと増やせばいいのに。40階までは気が遠くなるほど時間がかかる。

「あ、堀田さん、おはようございます。」

新入社員の剛輔くんがすぐ後ろにいた。
「おはよう、今日もギリギリねっ」

そこで突然、ガタンと音をたてて、エレベーターは止まってしまった。
「キャッ」
電気がすこし薄暗くなった。
まったく、どうしたっていうのかしら?
ぎゅうぎゅう詰めのエレベーター。そのとき、お尻のあたりに何かが触れた。ヤダッ、痴漢かしらっ
今日は朝、あわてていてパンティーをはきわすれていたの。
これは、男の人の・・・手?
拒むまもなく、その手は私のスカートの割れ目から中へと入ってきてしまった。
ヤダヤダ・・・・・こんなときに・・・・しかし、その手はあっというまに私のお尻を撫で回し、ついには花園へと達しようとしていました。誰、誰なの?
あせっているのに私の花園はとっても熱くなっていたわ。
そのときだった。耳元で剛輔くんがささやいたの。
「堀田さん・・・」
まさか・・・・剛輔くんなの??
私は、そっと後ろを手でさぐると、あまりに隆々とした剛輔くんのあそこを探し当てた。
剛輔くんは、あそこをつかまれると、ちょっとだけピクンとなりました。とてもかわいいわ。
そのまま私たちは、誰にも気づかれないように、激しく楽しんだのでした。

エレベーターが15分後に動き出し、朝のミーティングに出席したあと、第17研修室で続きをたっぷりと行いました。ブリーフを突き破りそうに大きくなっていた剛輔くんのペニスを、口にふくんだとき、これ以上にない幸せを感じたのでした。

それから半年間、何度かパンツをはきわすれ、そして剛輔くんとエレベーターに乗り合わせるたびにエレベーターが止まりました。
そしていつだったか、剛輔君は、私を陵辱したい一心でエレベーターについて学び、システムをハッキングして、私がノーパンの日の朝を狙って緊急停止させているんだと告白してくれました。

剛輔くんの研究はそれからも進み、やがて、自由自在に各所のエレベーターをコントロールできるオペレーション・システムを作り出し、彼は特許をとり、私たちは巨万の富を得ました。

あれから15年、もちろん私たちの大きな自宅にはエレベーターがあり、毎日、アルバイトの人たちの協力を得て、あのときの朝を再現して淫らな行為を行っています。






Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/