忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
58
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



駅の西口にある亀十寿司に直子はよく通った。
先代の主人が亡くなってから3年、長男が継いだこの店は、とても繁盛していたのだった。
長男の名は哲也、今年で36歳になる。

直子はいつもどおりカウンターに座り、カンパチを注文した。
直子は、寿司の味はもちろん、哲也の手に魅了されていたのだった。

ああ、哲也の指にやさしくもてあそばれた、ご飯が・・・・
繊細な指でつかまれたお寿司たち。

いつのまにか、直子は、哲也の指を見ながら、その指が自分の乳房をもてあそぶことを想像するのだった。
そしてぬらぬらと光った指先が、乳頭を撫でるのだ。

「お客さん、大丈夫ですか??」

「ハッ」
気づいたらもう深夜2時、いつの間にか直子は寝てしまっていたのだった。
「私ったら、酔っ払ってしまって、つい・・・・。」
「いいんですよ、毎週ありがとうございます。」
直子の肩からずり落ちたカーディガンをかけなおそうとした哲也の手が、直子の肩に触れた
「キャッ」
直子はドキっとして真っ赤な顔になってしまった。
「あ、すいません。」
さわやかな哲也の笑顔、キラリと白い歯が光った。

「哲也さん!!」
思わず直子は哲也に飛びついた。
「どうしたんですか」
「私・・・あなたの・・・・あなたの・・・・」
あなたの指で全身を撫で回されたい、なんて、言えるわけがなかった。

「あなたの弟子になりたいわ!!!」

「お客さん・・・・」
哲也は興奮し、直子の太ももをギュっとつかんだ。
「俺は、寿司以外のことを何もしらない、弟子になるかわりに教えてはくれないだろうか・・・。」
直子はうなずき、哲也の手を自分のブラジャーの中へと導いたのだった。

それから、毎日、朝から深夜遅くまで、直子の寿司修行が始まった。
寿司修行のあとは、哲也とふたりの甘く激しい行為が何時間も続いた。

そうして築き上げた二人の店が繁盛し、いつしか全国へと展開することになった。
やがて、世界のあちこちにまで広がりをみせた。

それから10年後、「マクドナルド」といえば「ハンバーガー」のことだと通じるように
今では「ナオコ」といえば世界のあちこちで「寿司」そのものをさす世界の言葉となった。

「夢は、誰でも、かなうんです、愛があれば。」
昨夜、ロンドンで行われた直子の講演会は、大盛況に終わった。

PR







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/