忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ジンバブエの列車事故で緑川が急死して一年がたった。
町内会長として人望が厚かったこともあり、一周忌はマンションの集会所で盛大に行われたのだった。

あのおぞましい事故から一年。和子は今でもたまに緑川の執拗なセックスを思い出し
そのたびにやるせない気持ちになってしまうのだった。そしてほてった体をもてあましていた。
とつぜん打たれた不倫関係の終止符。ただひとり残されてしまった和子は、悲しみに浸ることさえも許されないのだった。
団地の行事があるたび、いつも誘ってきた緑川の体臭を思い出す。
そして、同時に思い出すのは葬儀の際に、泣くまい泣くまいと気丈に振舞っていた長男、慎也の姿。
それとは反対に赤ん坊のように泣きじゃくって悲しみを放出されていたいた次男の直也。
二人の若々しい肉体との初々しいセックスの思い出もまた、和子の胸を苦しめるのだった。

その午後、和子は家でひとり、編み物をしていた。
実は和子に編み物を教えたのは緑川だった。とても手先が器用な緑川は、ニットの王子様としてその世界では少し名の知れた男だったのだ。
まるで魔法のように緑川の指先からセーターやマフラーが生み出されていくのを和子はうっとりして見ていたのだ。
そしてまた、その繊細な指先でねっとりとしたしつこいセックスを繰り広げていたのだった。

「緑川さん・・・・・。」

和子が深いため息をついたその時、玄関のチャイムが鳴った。

「・・・はい?」
ドアを開けると、そこに立っていたのは、緑川の三男、昌也だった。
「あら、昌也くん」
「遠藤さんこんにちは。父の一周忌ではお世話になりました。」
そう言うと昌也は深く頭を下げた。

今年高校3年生になる昌也は、緑川に似て手先が器用で、緑川の後を継げるくらいの、ニットの天才であり
そしてピアノとスケボーが得意な優等生で東大を目指しているとの噂だった。
葬儀の際も一周忌の際も、まだこの団地に残る昌也はとても甲斐甲斐しく皆に気をつかっていて
すばらしい息子だと団地の中でも評判だったのだ。
顔も緑川にとてもよく似ていて、昌也と目が合った和子はドキッっとしてしまった。
「どうぞ、あがっていって。」

お茶を少しだけ飲むと、昌也は言った。
「あの・・・・実は、父の持ち物を整理していたら・・・見つかったものがあって・・・」
「何かしら。」
昌也はそういうと、カバンからそれを出した。

それは、マフラーだった。
和子の好きな紫に、黄色の柄がついている。
「これ、見てください」
昌也はそういうと、マフラーを広げた。

「アッ・・・・・。」
それを見て和子は思わず息を飲んだ。

広げたマフラーには

「KAZUKO・E」

なんとそのマフラーには、大きく和子の名前が編みこんであったのだ。
そして、四隅にはピンク色でハートがあしらってある。

「これは・・・・私の・・・・。」
「そうですよね、遠藤さん、和子さんですよね。」

和子の目から、涙が溢れてきた。
私の為に、KAZUKOとマフラーに!!しかも大好きな紫色!!
「父はきっと・・・遠藤さんのことが・・・・」
昌也はそういうと、言葉を詰まらせた。

和子の涙は止まらなかった。思わず、昌也の胸に飛び込んで、そして泣いたのだった。
そして、和子を昌也は優しく抱きしめた。
昌也君・・・・あの人と同じ匂いがする・・・・・。
一気に悲しみがあふれ出してとまらなかった。

そして昌也の胸でひとしきり泣いた和子は、昌也に語りかけた。
「昌也君、お父さんによく似てるわ。」
「遠藤さん、僕も、実は見てもらいたいものがあって・・・」
そういうと、昌也は、ダッフル・コートを脱いだ。

「アッ」

昌也は紫色のセーターをきていた。そして、胸には

「KAZUKO・E」

背中には大きなハートが描かれていた。
「私の・・・・名前・・・・。」

「僕、がんばって編んだんです」
「昌也君・・・・・。」
「僕がお父さんの代わりになります。それじゃだめですか。」
「昌也君!!!」

まるで引き寄せられるように、和子は昌也の唇に吸い付いた。
熱いキッスをかわすと、ていねいに昌也の紫のセーターを脱がせた。
そこには緑川によく似た、桜色の乳首があった。
「遠藤さん・・・・僕ずっと・・・・好きだったんです・・・。」
「和子って呼んでちょうだいな。」
「アアッ・・・和子・・・」

乳首を激しく責めたてながら、和子は昌也のジーンズにそっと触れた。
緑川によく似た、大きなふくらみがそこにはあった。
「大きい・・・・。」
たまらずにジーンズとブリーフを剥ぎ取ると、和子は夢中でむしゃぶりついた。
昌也の目からも、一筋の涙。
父が急死してから、あまりのショックに一度も涙を流していなかった昌也は、このときやっと人間らしさを取り戻したのだった。


それから20年の時が流れた。
テレビの編み物講座に、時折出演している「ニットの王様・緑川昌也」の笑顔を見るたびに、和子はあの紫色のセーターとマフラーをを衣装ケースから取り出し

「KAZUKO・E」

の愛情溢れる文字を確認し、そっと抱きしめるのだった。

PR


団地の一斉清掃に借り出された和子は疲れきっていた。
町内会長の緑川との不倫は2年に及んでいたのだ。団地の行事があるたびに
終了後、緑川の家に呼び出され、北側の和室でねちねちとしたセックスにつき合わされるのだった。
きっと今日もまた、掃除の帰りに呼び止められ、あの毛むくじゃらの腕で強引に連れて行かれるのだ。
和子は抵抗する手段を持たない一人の女だったのだ。

ところが、掃除の集合場所に緑川はこなかった。
そこにやってきたのは緑川の長男、慎也だった。
「すみません、父は急な出張でコートジボワールに行っています、僕がかわりにきました。」
慎也は高校3年生、料理と囲碁が得意なスポーツマンとして団地でも有名だった。
緑川が残業で遅くなる日は、シェフ顔負けのフルコースを作ったり、時折集会所で行われる料理の集いに参加しては
板前顔負けの包丁さばきで刺身を作ったりしている、と、緑川はよく自慢げに言っていた。
昔は和子の息子と凧揚げを一緒にしたりして、チョロチョロしたかわいい子供だったのに、今は大人顔負けの背の高さ。

「遠藤さんじゃないですか。」
慎也は掃除をしている和子のもとに寄って来た。
「あら、慎也君、ずいぶん大きくなったのね」
「もう高校生ですから、大きくなりますよ、ハハハ」
慎也は大きな目で和子をのぞきこんだ。
あまりに済んだその瞳に、和子はドキっとしてしまった。
「うちの子たちとよく凧揚げしてたわよね。」
「あーそうですね、お世話になりました。お兄ちゃんたち元気ですか。」
「元気にやってるわよ、下の子も来年就職で。」

慎也が去ってからも、和子の胸の鼓動はおさまらなかった。
あの無垢な瞳、そして子犬のような端正な顔立ち、日焼けした肌・・・
ねちねちとした緑川とまったく似ていないさわやかなあの若さあふれる慎也に抱かれてみたい・・・
和子は心のそこから思った。

「いけないわ、息子より年下の子供に何をやってるのかしら、私ったら。」

和子は沸いてくるその欲望を押さえ込みながら、必死で清掃にはげんだ。

清掃も終盤になり、和子はゴミの詰まったたくさんの袋を集積所へ運んでいた。そのときだった。
「遠藤さん、手伝いますよ!!」
後ろから慎也が走ってきた。
「あ、大丈夫よ慎也君」
和子が答えたのを聞いたのか聞かなかったのか、和子の手からゴミ袋を慎也は奪いとった。
その時、ほんの一瞬、和子の手は慎也の手に触れたのだった。
「アッ」
その手の感触で和子の胸の鼓動は一気に高まった。
一歩、二歩、慎也の後ろを歩いているのだが顔が上気し体が火照ってくるのを感じていた。
「あの・・・・慎也君・・」
和子はそれだけ言うと、その場で失神してしまった。

夢の中、和子は緑川に犯されていた。ねっとりとしつこく攻められながらも、和子は何度も絶頂を迎えるのがいつものセックスだった。
ところが何度も絶頂を迎えていくうちに、いつの間にか相手が緑川でなく慎也へと変わっていたのだった。
「アアッ、慎也君!」
叫んだ瞬間、和子の意識が現実へと戻った。

そこは、緑川の家の北の部屋だった。
「ここは・・・・」
気を失った和子は、慎也に運ばれたのだった。
目の前に慎也がいたので和子は頬を赤らめた。
まさか、さっきの叫びを聞かれてしまったのではないか。
「大丈夫ですか。遠藤さん、とつぜん倒れてしまったんですよ。」
慎也は笑顔で語りかけた
「よかった、何ともなくて」
「ごめんなさい慎也君。」
「あ、まだ寝ててくださいよ。麦茶でもどうぞ。」

いつもの緑川との部屋で、慎也とふたりきり、和子はまた失神しそうなほど胸が高鳴っていた。

麦茶を片手に慎也が戻ってきた。
「あの、遠藤さん」
「はい」
「この部屋にくるの、初めてじゃないでしょう。」
「エッ」
「僕、見たんです。」
慎也はあくまでも笑顔だった。
「何度も・・・見たんですよ。」
そして、手に持った麦茶を飲み干してから、和子を後ろからだきしめたのだった。
「お父さんじゃないと、ダメですか。僕じゃダメですか。」
慎也はそういうと、強引に和子にキッスをした。

「慎也君・・・・私も慎也君が好きよ。」

和子はそれだけ言うと、たまらなくなって慎也のズボンを脱がし始めた。
緑川のそれよりも激しい角度で天井に向いて大きくなった慎也のペニスは、すでにあやしく光っていた。
「大きい・・・。」
ちょっと触っただけで、慎也は全身をふるわせて感じてしまった。
「慎也君、初めてかしら?」
慎也はだまってうなずいた。
「私が最初でいいの?」
「ずっと好きだったんです。遠藤さんのことが。」
「カズコって呼んでちょうだいな。」
和子はそういいながら服を脱ぎ、乳房をあらわにした。
「カズコ・・・・触っていいですか・・・。」
「いいわ、慎也君、私の体にお刺身を、盛り付けて!!!」
「すべすべのカズコの肌に、盛り付けるよ!!」

時には和子がリードしながら、慎也とのセックスは夜まで続いた。
合間には和子の肉体に、刺身を盛り付けたりもして楽しんだのだった。

それから30年、板前となった慎也がニューヨークで初めての「合法的な女体盛り専門店」を開業したニュースを新聞で読み
和子はひっそりと涙したのだった。




団地の草むしりに借り出された和子は疲れきっていた。
町内会長の緑川との不倫関係が既に4年も続いていた。また、今日も草むしりの後、長い間ねちねちと体中をいじられるのだろう。
すでに夫とはセックスレスの関係になってもう10年近くになるので、緑川との不倫は性的に満たされてはいるものの、あまりにねっとりと同じことをくりかえすその執念に、時々怖くなるのだ。

しかし、緑川はいなかった。

「すいません、父は今日急な不幸があって新潟に帰っているんです。僕がかわりにきました。」

それは、緑川の次男、直也だった。
高校生の直也は、書道とフルートが得意なスポーツマンとして近所でも有名だった。
時折団地に貼るポスターの標語はいつも直也が書いているのだと緑川がよく自慢げに言っていたのを和子は思い出した。

「あ、遠藤さん、お久しぶりです。」
和子にも丁寧に挨拶しにきた。たしか、直也君に会ったのは・・・5年くらい前だったかしら。
まだ野球帽が似合うやんちゃな子供だったのに、いつのまにかこんなに大きくなって。
「こんにちは。ずいぶん大きくなったわね。」
「信二君元気ですか?書道教室やめちゃってから会ってないなぁ。」
「もう就職して北海道にいるわ。」
和子の息子は3人とも就職して団地を離れていたのだった。
「昔よく遊んでもらいましたね、優しいお兄ちゃんだったんでよく覚えてますよ。」
そういって直也は微笑んだ。真っ白な歯をむき出しにして。

和子が熱心に草をむしっていたら、直也がかけよってきた。
そして、突然耳打ちしたのだった。
「お父さんとやってること、僕にもしておくれよ。」
和子はドキっとして思わず声をあげそうになった。
「してくれないと、団地じゅうに言いふらすよ、写真もとったんだ。」
和子は直也の顔をおそるおそる見つめた。
そこには、さっきと変わらず、歯をむき出しにして微笑む直也がいた。
和子は、うなずくしかなかった。

草むしりが終わったあと、いつも緑川と愛欲をむさぼりあう部屋で、和子は直也と向き合った。
直也は強気に誘ったものの、いざふたりきりになると恥ずかしそうにうつむいてしまった。
「僕、もう、ずっと前から、遠藤さんのことが・・・・。」
「カズコって呼んでちょうだいな。」
和子は優しく直也の服を脱がせた。緑川とちがったスベスベの若い肌、そしてみずみずしい恥毛、鍛えられた筋肉。緑川のそれよりも大きなペニスが、はちきれそうに上を向いていた。
そのすべてに、和子はうっとりとしたのだった。
「私なんて、もう、おばちゃんなのに、いいの?」
「和子・・・きれいだよ・・・。」
「直也君のその大きな筆で、私の体に書初めをして!!」
和子は直也にグっとお尻を突き出した。それが始まりの合図だった。

「お父さんもここを触ったの?」
「そうよ、でも直也くんのほうが気持ちいいわ。」
「綺麗だよかずこ」
「アアッ」
「カズコの体に、お習字がしたいよ。」
「いいわ、やってごらんなさい。」

それから7年後、直也がはじめた「ボディーペインティング習字」は、ニューヨークで大流行した。
そのニュースを新聞で読み、和子はひっそりと涙を流して喜んだ。






Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/