忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「パンダ印のハチミツ」の訪問販売がよくこの地域にやってくる。
近所の田辺さんも愛用しているとか。
このごろ出会う奥さん、みんな愛用してるって言っている。
うちにも来ないかしら。

幸子はそんなことを思いながら洗濯物を干していた。
そのとき、玄関のチャイムが鳴った。

「はい」
「あの、パンダ印のハチミツ会社のものですが」
「あらっ」

幸子はあわてて玄関へと走っていった。
どんなハチミツなのか、確かめなくっちゃ!!

そこにハチミツを抱えて立っていたのは、ジャンガリアン・ハムスターのようなかわいらしい顔だちのサラリーマンだった。
「どうも、はじめまして、このご近所回らせていただいてます」
「みんな奥さんたち買ってるっていうから、楽しみにしていたのよ、どうぞお入りなさいな」
セールスマンは名前を加藤というそうだ。
「こだわりの製法で、とてもおいしいハチミツです。なめてみますか」
「そうね、なめてみたいわ」
加藤が指につけたハチミツを、ドキドキしながら幸子はぺろりとなめた。
いくらセールスとはいえ、自分の指をなめさせるなんて!!
「なんだかおいしいわ」
「肌にもいいんです。お肌に塗るとスベスベになりますよ」
「あら、本当かしら」
「そうなんです、僕も毎日塗ってるんです。」
そういうと、加藤はパンツを脱いで、尻を差し出した。
「ここに、毎日塗っているんですよ」
幸子の目の前に、加藤の、尻。
あまりに真っ白で素敵な尻だったので、幸子はおもわず頬擦りをした。
「まあ、スベスベだわ!!!」
「塗ってみますか、専用のヘラがあるんです。」
四つんばいになった加藤の、足の間からみえるそれがとても大きく脈打っていたのを、幸子は見逃さなかった。
「こっちにも塗りたいわ!」
そういって、幸子は、専用ヘラで加藤の大事な部分に触れた。
「アッ、奥さん」
そして、ハチミツをたっぷりつけた大事な部分を、そっとなめた。
「おいしいわ!」
「ええ、天然成分たっぷりです」
「私にも塗ってちょうだい!!」
幸子は、いつのまにか裸になっていた。
そして、加藤の前で股を開いたのだった。

そうして二人は、日が暮れるまでお互いの体のあちこちにハチミツを塗りあい、舐めあったのだった。

「あぁ、これがパンタ印のハチミツの秘密だったのね!!!」

もちろん、幸子が早速ハチミツを20キロ購入したのは、言うまでもない。


PR







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/