忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



智子は高校で美術を教えるようになって3年、デートの時間もできないほどに忙しい毎日だった。
その日も、3年商業科の高野君の放課後の補習の準備で忙しかった。

「先生」
「あ、高野君、絵はどこまで進んだのかしら??」

高野は3年の生徒で、絵がとても得意だった。正直な話、こんなに得意なのにどうして補習が必要なのか、智子にはわからなかった。

「先生、おれ、先生をモデルに画を描きたい!!」

智子の心が、キュン、と音をたてた。
君の絵を、描きたい、そんな言葉を言われたのは初めてだったからだ。

智子は机の上でいろいろなポーズをとり、高野に描いてもらった。

「そうねえ、体の線がちょっと、ぎこちないかしらね・・・」
智子は完成した絵をみてアドヴァイスをした。
「体の線ですか?」
「そうなのよ、高野君は女の人の体を見たことがあるかしら?」
「それは・・・・まだ・・・・・」
高野は、顔を紅潮させて目をそらした。

「ほら、さわってごらんなさい。」
智子は高野の手を取り、自分の体にあてがった。
「・・・・・・先生!!!」
「もっともっと、私を、描いて!!」

「これが女の、体の線よ!!!」
智子はパンティーまですべてを脱いで、机の上に乗った。

あわてて、高野もパンツを脱ぎ、机にとびのった。
「だめよ、絵を描いてからよ!!」
「先生、触ってみないと、絵をかけません!!」
「・・・・・そうね、どんどん、さわりなさい!!!」

高野が、世界の誰もが知る画家となって巨億の富を手に入れるのは、それから40年後のことだった。

PR







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/