忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



料理教室も3回目となると、高橋の包丁をもつ腕も安定してきた。
今日のメニューは「胡麻プリン」と「ワンタン麺」そして「五目チャーハン」だった。

ユカリ先生がテーブルの間を巡回しながら、皆の包丁さばきにアドバイスをしている。
やがて、高橋のテーブルにユカリ先生がやってきた。

ユカリ先生の足が高橋の真後でとまる。
高橋はそのふくよかな胸を背中のあたりに感じながらニンジンをきざんでいた。

「アッ」

高橋の手がすこし震え、親指を間違えて切ってしまったのだ。

「たいへん!」

ユカリ先生は高橋の親指をくわえ、ちゅうちゅうと吸った。
この舌使い・・・・・まさか・・・・・

「高橋さん、ちょっと別室で手当てをします。」

そうして高橋は、ユカリ先生に指をくわえられたまま、公民館の和室へと連れていかれたのだった。

「キャッ」
和室の入り口で立ち止まったユカリ先生のお尻に、高橋のいきり立ったいちもつが突き刺さった。
「先生・・・・・俺は・・・・・」

高橋が料理の腕をあげ、世界の誰もが名を知る、フレンチの巨匠となったのは、その後のことである。

PR







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/