忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




なんと、私にとっての初のデスクワーク

コミュニケーションのとりずらい二人と、社長だけの事務所でしたが
デスクワークは楽だなと
ひしひしと感じておりました

いろいろ話をしていると
社長は
実は
まったくプログラムとかそういうのの知識が無く
ただ、PCを組むのだけは得意だということでした

脱サラで起業かあ。
因みに社長は愛犬家だそうです。
PR



なかなか親身な社長で
引越し先を探してくれたりしました。

10数人の小さな会社で
東京にも事務所があり

やり手の社長

だそうです


初日、出勤したら、社長がいて
あと二人しか会社にいませんでした。


太ったオタクのひとと
茶髪のヤンキー女でした。

ほかの社員は東京事務所や
外部のプロジェクトにいるそうだ。



その会社は、電車すら走ってないド田舎にあるのですが
なんでも東京に営業所を構えており
ゆくゆくはそこの人材になってほしいとか
そんな
ベンチャーソフト会社でした。

電車をバスを乗りついで面接にいきました。

なんともいえない感じのおっさんが社長だそうです
挨拶もそこそこに
面接しようといって寿司屋に連れていかれ

寿司とビールをご馳走になりました。





この会社で働くことにしました。





後になって物凄く後悔するんです。

・・・・・・・・・・寿司に負けたとは。



※フィクションです(多分)

そのSE講座は、地元の小さい会社がやっていました。
本業が何の会社なのかよくわかんないですが
社長はこってりしたおっさんで
社長の息子がたまに遊びにきていました。
後とりか。

プログラミング経験者だったせいもあり
私はその講座では異様にできがよい人として扱われ
ほかの人たちが1つソフトを作るあいだに3つくらい作っていました。(しかも、より複雑なやつ)
データベースも未経験だったのにサクサク学んで使いはじめて・・・・・・

人生でもっとも優秀といわれ続けた一ヶ月だったのかもしれません。

あまりに目だっていたので
社長に気に入られてしまい

就職を斡旋しようか




いわれてしまいました。



なんでも、友達の会社で人材募集してるとのこと。

まさか、あと数年フリーターでも無職でもいいやなんて言えません・・・・・とりあえず面接受けてみますという流れになりました。
ま、断ればいいか・・・・・・



※フィクションです

残高は、まだまだ尽きそうにもない無職の私でした。

このままだと、家にパラサイトしながら、適当にバイトして遊ぶ金を稼いでブラブラしている将来が見えてしまったのか

母がタウン誌で、ITスクールをみつけてきました。
平日みっちり1ヶ月間の講座です(土日は休み)
ITスクールったってエクセルワードそんなのではなく

SE養成講座 という名前でした。

おお、これは行ってもいいかもしれない。
次に就職するならそっちの業界かなぁと思っていたのです(いや、思ってなかったかもしれない)

説明を聞きにいったら、プログラミング基礎~中心に、速習する人には仕様書の書き方とかデータベースくらいまで教えてくれるんだそうです。
初心者が、たった一ヶ月でどこまでやれんのかと今になっては思いますが・・・・

ま、やってみることにしました。

初日、会場に行ったら、受講生が数名。

ひとりは物凄い太った男の若者でした。
その人は、ディスプレーを指でベトベト触る人で、その人が使ってたパソコンは
油っぽくなっていました。

ほかに誰がいたのか思い出せません。



家でブラブラしていてもなんか言いわけができるように


公務員試験を受けることにしました。

これで勉強をするということでブラブラできるのです。すばらしい。
で、何を思ったか、北海道庁の試験を受けることにしてしまいました。
どうせ落ちるので、物凄い遠いところにしよう、受験旅行だwと思っていたのですが

試験会場は都内でした。

そして

もちろん、落ちました。


無職3ヶ月・・・・ そろそろ親の視線が気になってくる頃です。 でも、無職、たのしい。



とにかく無職は時間が有り余っておりますが
やりたいことが結構あったので
充実していたように思います

パソコンも新しくしました。
コンパックの、ディスプレイの横にスピーカーをくくりつける
素敵なマシンです
デザイン抜群。

それまでとPCでやれることが段違いに多くなり
そういえば宅録をしてCDに焼くとか
そういうのやり始めたのはこの時期でした。

今までもまあ、一般人にしてはPCに少し詳しいとか
IT弱者だらけの、あの会社ではPCできる層だったとか
学生時代からホームページを作って毎日更新していたとか
そんなことはあったのですが

このコンパックマシンを手に入れてからですね
Dreamweaverでオシャレなサイトを作れるようになったりしたし
いろいろ、写真の加工とか画像編集とか
やっていました
無職のおかげです

ちなみにこのマシン、未だに現役です。もうメモリだHDDだその他
中身は殆ど入れ替わってしまってるのですが。
外観が気に入ってるので使い続けています、ナイスデザイン。

その他、散歩とかぶらぶらしたり
すっかり豹変した故郷の店やらなにやらを回ったり
家事をやったり
両親も、ものすごい久しぶりに子供が一緒にいる生活なので、割とやさしかったです

でも、無職で居座るには何かしら言い訳が必要で・・・・・・・・・・
私は言い訳をなんとなく作ることにしました。



※フィクションです

で、その、最初の会社は3年でやめたのですが
やめて、とりあえず実家に帰りました。

その後、半年とすこし、経歴的には「無職」が続くのですが・・・・・・・

無職の間何をやっていたかというと
とにかくよく寝ていました。
主に昼寝。
で、大学生よりボーっとしてました。

その間にわかったこと
「このまま一生無職でもいい・・・・・無職最高!!!」

実家だったのでそれなりに暮らしていけるわけで
貯金もそれなりにあったので遊びに使っていました。
今思うと、あんなに使いまくらなくてもよかったのですが
何も不自由なく仕事もしないでいい

ばら色でした。

薔薇色。

たまに、仕事とかして外に出ないと、精神的におかしくなってしまうとか
不安になるとか
忙しくて旦那の帰りが遅くて一人ぼっちで寂しい専業主婦とか
いますが

わたし、超、無縁。

どんだけ仕事嫌いなんだよ。





Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/