忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



冷凍睡眠から起きたサンプルRZ-5884は、俺によく21世紀の話を聞かせてくれた。
ジャパンという国に彼女は住んでいたらしい。
もう500年も前の話だが、彼女にとっては懐かしい時代の出来事なのであろう。

「なあRZ-5884、そのころのジャパンでは何がはやっていたんだい?」
「そうね、ペッティングかしら。」
「ペッティング・・・・何だそれは?」
「性的接触のことよ。」
「性的・・・・接触??」

たしか文献で読んだことがある、過去の人類は受精をするのに機械を使わずにお互いの肉体を使っていたのだそうだ。とても面倒じゃないか。どうしてそんなことをするんだ。

「俺に性的接触というのを教えてくれないか?」

彼女はすこしためらってからうなずいた。そして突然俺の服を脱がそうとする。

「や、やめてくれ、こんなところで」
「だめよ、脱がないと始まらないのよ。」

俺は酸素スーツを脱がされ、排泄コードも抜かれて、何もまとわない姿にされてしまった。
そして彼女も身にまとっていた酵素シャツを脱いだ。
彼女の胸のあたりが俺のそれとちがっている。

「それは何だ?」
「おっぱいよ」
「おっぱい・・・・・初めて見るな・・・・」
「触っていいのよ。」

初めて触れた「おっぱい」というものは、とてもやわらかくて暖かだった。
「おっぱい」に触っていたら、彼女の呼吸が荒くなってきた。

「どうした、RZ-5884」
「ハアッ、ハアッ」

彼女は突然、俺の足と足の間のものにしゃぶりついてきた。
えもいわれぬ快楽が襲ってくる。どんな錠剤よりも気持ちがいい。
これが・・・ペッティングというものなのか・・・・・

それから先のことはまったく思い出せない。ただ、俺とRZ-5884はその後会うたびに、ペッティングを行い、俺は酸素スーツを着ないでも平気な肉体を手に入れた。

PR







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/