忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



7年ぶりだろうか、男がこの町に降り立ったのは。

駅前の喫茶店「鳥のさえずり」は健在であることにほっとして、胸をなでおろしながら男は店内へと足を踏み入れた。
「いらっしゃいませ」
店主のヨリコの声が響く。
「これも7年前と変わっちゃいないな・・・・・。」
男は懐かしい思いにかられていたが、ヨリコを見てはっとした。

「おひとり様ですか?」

こちらに歩み寄ってくるヨリコは、男が知っている彼女とは違っていた。
なにしろ・・・・男よりふたまわりも年下であろうか、まだ高校生くらいの若い娘だった。
男は唖然としてヨリコを見つめていた。
「どうしました?」
「いや、なんでも。」
ヨリコはいつのまにこんなに若返ってしまったのか。男は信じられない思いを胸に、あたたかなシートに腰をかけた。

店内は小さな音でジャズが流れていた。客は男ひとり。
「コーヒーになさいますか」
ヨリコらしき店員の問いかけに、やはり何も答えられずに男は彼女の顔を見つめていた。
「あの・・・・・。」
「あ、すまん、バナナジュースをひとつ。」
男は大好物のバナナジュースを注文した。しかし、彼女を見つめる目線をそらすことができなかった。
「どうなさったんですか。」
「ヨリコさんですか。」

彼女はまた驚いた顔をした。

「ヨリコは・・・・私の母です・・・・。」

男は思わずうなった。そうか、もう娘がこんな年なのか・・・・。ヨリコはどこへいったのだろうか。まさか・・・

「ヨリコさんはどうしたんですか。」
聞いてはならぬと思ったがつい口が滑ってしまった。悲しいニュースなど聞きたくないというのに・・・・。

「呼んできます。」
ヨリコの娘は店の奥へと走っていった。
ヨリコ・・・・生きているのか・・・・・・遺骨や遺影が出てきたらどうしたらいいのだ・・・・
胸が高鳴る。

そこへ、ヨリコがやってきた。また信じられない。さっきの娘と同じくらいの若さだ。
「芳蔵さん!!!」
ヨリコの声だ。
「どうしたんだ、ヨリコ・・・・。」
「ヒアルロン酸注射をしたら若返ったのよ!」
「きれいだ・・・・。」
「バナナジュースを頼んだのかしら?」
「そうだ、変わっちゃいないのだ。」
「芳蔵さんのバナナジュースが飲みたいわ」

そう言うと、ヨリコは男のズボンをあっという間に脱がせ、男のバナナにむしゃぶりついたのだった。

「よかった・・・・この町に帰ってきて・・・・。」
男は、快感に身をゆだねながら、そう思ったのだった。

PR







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/