忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
59
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



バレンタインデーだというのに、恋人のひとりもいない僕は
いつものようにコンビニでバイトだった。
この街のゆっくりとした空気の中で、やたらギラギラとしたこのコンビニにも
バレンタインの波が訪れていた。

最近話題になっている商品に、とても大きなプリンがある。
普段食べてるやつの3倍だとか?
こんなの誰が買うんだろうと思ったけれど、よく売れているのだ。
そして、バレンタインの夜だというのに、この大きなプリンを4つも買ってる女の子がいた。
僕はレジでバーコードを読み取らせながら、彼女の顔をチラっと見た。
いったいどうしてこんなプリンを沢山!!
そうしたら目が合ってしまったのだ。

「あの・・・・。」
彼女は小さい声でいった。
「はい?」
とても彼女はかわいらしい顔をしていた。リスザルみたいにくりっとしているのだ。
「これ、一人じゃ食べきれないんで、うちで一緒に食べませんか?」

そうして彼女は、レシートの裏に自分の家の住所をササっと書いて僕に手渡したのだった。
これは・・・・ナンパ!!??
僕はとてもドキドキした。

それから30分後、僕はバイトを終えて、住所をたよりに彼女の家に行ってみた。
もしかして屈強な男がたくさん待っていて僕をボコボコにしてしまうのかもしれない。
でも、彼女にもう一度会いたかったんだ。

ドアのチャイムを押すと、彼女が出てきた。
「ワッ、本当にきてくれたんですね!うれしい!!」
彼女はそういって僕に飛びついて喜んだ。

一人暮らしの女の子の家なんて初めてだ。
彼女はテーブルにケーキや料理を用意して僕を待っていたのだった。
「ずっと好きだったんです。」
彼女は言った。
「どうしても今日、それを伝えたくて・・・・。」
彼女はそういいながら、僕の洋服のボタンをひとつまたひとつとはずしていったのだった。
彼女にじっと見つめられた僕は、いやがることもせずに服を脱がされてしまった。
僕の割れた腹筋を彼女はいとおしそうに撫でた。
「アッ」
ズボンを脱がせた彼女が僕のブリーフを見てびっくりしていた。
そう、僕のアソコはギンギンになってしまっていたんだ。
彼女もあっというまに服を脱いだ。なんと、Gカップもあるらしい立派なおっぱいが僕の目の前で揺れている!!

ベッドに寝転んだ僕のお腹に、彼女はさっき買った大きなプリンをプッチンして乗せた。
「ワッ」
ねっとりしたプリンの冷たさに僕はびっくりした。
彼女はプリンをちょっと手でちぎって、僕のアソコに塗り始めた。
「ねえ、おいしそうな匂いがするわ」
「食べちゃっておくれよ」
彼女はプリンまみれになった僕のアソコを中心に、体のあちこちをいっしょうけんめい舐めてくれた。
もう、たまらない!!
「今度は僕の番さ!」
僕は、彼女のGカップの真ん中に、大きなプリンを乗っけた。

「キャッ、おっぱいが3つあるみたいだわ!!」

彼女が笑うと、山脈のように連なったおっぱいとプリンが、
地震のようにプルンプルンと揺れたのだった。

僕はたまらなくなって、その3つの山に、交互にしゃぶりついた。

PR







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/