忍者ブログ
5884およびその周辺のわけのわからないことをなんでものせます。

WRITE | ADMIN

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
5884
年齢:
58
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1958/08/04
職業:
人間
趣味:
ワイン
うさぎ
日替りマリーやん
by あるある健康
アクセス解析
りばーし


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ひなあられは米からできると聞いたので作ってみようと思った。 だけど米を用意したはいいがそれからどうしたらよいのかわからない。 だからインターネットの掲示板で質問したら、教えてくれる人からメールがきて、その人と会うことになった。 その人の名前はまゆうさんといって、若い女性らしい。 駅前で待ち合わせた。なんだか化粧をした女の子がやってきた。まゆうさんがその人だった。 僕の家にまゆうさんがやってきた。さて、ひなあられは、というと。それはいったいなんだというんです。 どうやらまゆうさんとは間違った出会いをしてしまったようです。 まゆうさんは「私の恥ずかしい写真をとってくれる人」だと僕のことを思っているようなんです。 さてこまりました、しかしまゆうさんはひなあられの作り方をしっているようで、お米をたいてくれました。 たいたお米を揚げるとひなあられができるようです。 まゆうさんと僕はごはんがたける間にいろいろな話をしました、とてもエッチなお仕事をしているんだけれど、まゆうさんは本当の愛を探しているんだといっていました。 できあがったひなあられは、売ってるやつとはまるで違っていました。ひとしきり食べると、まゆうさんは、とつぜん僕にしがみついてきました。帰りたくないんだといっていました。僕のことをとても好きで、帰りたくないんだそうです。僕はだいじょうぶだよといいながら、まゆうさんのブラウスのボタンに手をかけました。もう僕のあそこははちきれそうになっていました。まゆうさんは自分で服を脱いで裸になり、アソコを僕の顔に押し合ててきました。ひなあられによくにた甘い香りのまゆうさんのあそこをたくさん舐めました。セックスの最中もまゆうさんは何度も涙をながしていました。まゆうさんが絶頂をむかえるときの表情は美しかったです。その日は4回も結局しました。さすがに果ててしまい僕は寝てしまいました、起きたらまゆうさんはいなくて、ひなあられが山のように机の上にありました。僕が寝ている間に作ったようです。とてもかわいいまゆうさんは、あそこもしまりがよく、おっぱいも大きく、そしてとても優しい女の子でした。

翌日、生活費を下ろそうとATMにいったら、残高不足で引き落とせないといわれました。200万円の貯金がまったく無いなんて。そんなことあるわけないじゃないか。家に帰って確認してみたら、通帳も印鑑もありませんでした。
PR







Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ 5884の悪運天国無法地帯 ] All Rights Reserved.
http://5884.blog.shinobi.jp/